宿泊予約

観光案内

HOME > 観光案内

森林セラピー

黒姫の「特別」な森で散策

さて、黒姫にある森はどんな森でしょうか?特別な森なんでしょうか?
そうなんです、黒姫の森は、チョット違う森なんです。
植生面で言いますと、自然植生の混交林で、長野県で6カ所しかないブナの森です。
加えて「あずさ」と呼ばれる木が多く、木油の香りが印象的なクロモジ属のアブラチャンやクロモジなどが群生している森でもあります。自然植生の混交林のため、5、6月の新緑頃には200を超えるグリーンカラーで森全体が覆われます。それに森を愛する人たちによって日々見守られながら大事に大事に育てられてきたとっても健全で健康的な森なんです。人が森に入り、森を歩き、森に触れて、森を感じることができるように考えて整備された森なんです。
100人近くいる地元のメディカルトレーナーと歩いてもよし、1人で歩いてもよし、みんなでワイワイ歩いてもよし。
黒姫の森はいろいろな楽しみ方を許容してくれます。

森林セラピーとは?

森林セラピーとは、”緑に覆われた彩りのある風景や多種多様な植物が発する豊かな芳香、小鳥や小動物のさえずりや鳴き声、川のせせらぎの音色など、こうした森林が有する総合的環境が人間に及ぼす影響を科学的に解明し、その効果を医学的に活用することによって、人々の健康維持、増進、回復を図ろうとする健康療法”です。
最新の研究では、森林環境の中で一定時間滞在するとストレスホルモンの軽減、血圧の安定、降下、免疫力の向上など、具体的な効果が検証されつつあります。
信濃町で実施しているセラピーはわが国の気候、風土、さらには信濃町特融の森林環境を踏まえ、独自にアレンジしたものです。

アクティビティ

大自然の中でいろんな体験にチャレンジ

黒姫高原の大自然の中では、さまざまなスポーツや自然体験にチャレンジしていただけます。ホテル直営の信州自然大学校プログラムをご利用いただくと、各種ガイド付きで安心して体験メニューをお楽しみいただけます。お気軽にお問合せくださいませ。

マウンテンバイク
ノルディックウォーク

カヌー
ツリークライミング

周辺観光

ホテル周辺

黒姫高原スノーパーク

黒姫山の麓に広がる黒姫高原スノーパークの特徴は、初・中・上級のコースバランスが良いうえ、天然雪100%、パウダースノーのゲレンデを楽しめます。

黒姫コスモス園

黒姫山の山麓にあり、夏から秋にかけて約50種ひとめ100万本の色とりどりのコスモスと世界のダリアが咲き誇ります。

黒姫童話館

世界各国の童話、絵本、信州の昔話にまつわる資料などを展示・収蔵する美術館。
児童文学作家ミヒャエル・エンデや、松谷みよ子の作品を常設展示。

野尻湖ナウマンゾウ博物館

実際に発掘された化石を元に作られたナウマン象の実物大復元像のほか石器等の資料が充実しており、約5万年前からの野尻湖周辺の歴史を辿ることができます。

一茶の里

信濃町は俳人・小林一茶の生誕の地です。一茶の生涯と文学・一茶のふるさと・一茶顕彰などが展示してあります。

苗名滝

新潟県妙高市との境にある苗名滝は、別名「地震滝」とも呼ばれ、名瀑百選にも選ばれた落差50mの豪快な滝です。

長野市内

善光寺

5万9000平米の境内に、大勧進・大本願と39の塔頭からなる大寺院。「牛にひかれて善光寺参り」で全国的に知られ、年間約600万人もの参拝者が訪れる。

戸隠神社

戸隠神社は平安の末期後白河法皇の歌にも四方の霊験所と歌われ山岳密教の霊場としてその名を知られていました。パワースポットとして近年訪れる人が増えています。

小布施

栗と北斎と花の町「小布施」は、歴史的遺産を活かした町並み、四季折々で咲き乱れる花園や北斎ゆかりの神社など見て感動して食べて楽しい魅力溢れるスポットがあります。

茶臼山動物園

自然の地形を生かした県内最大の動物園で、レッサーパンダ、ウォンバットなどの動物たちがお出迎えします。近くには恐竜公園があり、25体の巨大な恐竜たちがいます。